とても危険なマルチーズの肺水腫とはどんな病気なの?

マルチーズをはじめとした小型犬がなりやすい肺水腫。
文字通り肺に水が溜まってしまい、呼吸ができなくなります。
発症したら早急に治療する必要のある病気です。
もし愛犬がなってしまった際に、いちはやく気づき、適切な処置ができるように、初期症状や予防について知っておきましょう。

1.肺水腫はどんな病気?

肺水腫とは

・肺水腫とは、肺に水が溜まってしまい、呼吸ができなくなってしまう病気。

・肺だけが悪くなることはほとんどなく、心臓や肺炎など他の病気とセットで発症する。

・急性症状や重症の場合、命を落とすこともある。

犬の肺
肺水腫とは病名のごとく肺の細胞や、気管支に水が溜まってしまう病気です。
肺は血液に酸素を送り、二酸化炭素を取り出すための器官で、『血液が入るところ』と『空気がはいるところ』に分かれています。
しかし何らかの原因で、本来は空気が入るところに血液から染み出た水分がたまってしまいます。
そうなってしまうと、溜まった水が器官を圧迫し、呼吸困難になってしまうのです。

たいていの場合、肺水腫は、肺だけが悪くことはなく、心臓病や肺炎が異常をきたし発症します。
犬の場合は、心臓の動きが低下することで体内の血液の流れが悪くなり、血液の成分が血管から肺の中に漏れ出してしまうことで肺水腫になってしまうケースが多いようです。
 

2.このサインが出たら要注意!

ぐったりするマルチーズ

初期症状
  • 湿ったせきをする
  • 息が荒い(呼吸が苦しそう)
  • 元気がなく、ぐったりしている
重症化すると出る症状
  • 前足を突っ張り、がに股のような状態で座った姿勢をとる
  • 落ち着かない動作をしたり、逆に座ったまま動かなかったりする
  • 血圧の低下
  • 吐き気
  • よだれをたらす
  • くしゃみをする 
  • 泡状の鼻水が出る
  • 舌が青紫色になる(チアノーゼ)
  • 呼吸困難

初期症状としては呼吸に異常が起きます。
息が荒くなったり、息苦しそうなゼーゼーという呼吸音が目立つようになります。
このような症状が見られたら、動物病院で獣医さんに診てもらうと良いでしょう。
放置しておくと進行性があるため、重症化してしまいます。

重症になると泡状の鼻水が出たり、舌が紫色になってしまうチアノーゼというものが引き起こります。
また、息苦しいと感じると、前足をがに股のような形にして座り、楽に息ができるようにしようとする姿も見られます。

家の近くの信頼できる動物病院を探すなら、
クチコミがチェックできるペットライフが便利です。

3.検査方法

獣医師とレントゲン

・視診、聴診など

・レントゲン検査

・血液検査


肺水腫の診断では、獣医師が犬の咳や呼吸困難の症状を見て判断したり、聴診器を使って心臓の音や肺の音を聞くことによって肺水腫を診断します。


レントゲン検査では、肺水腫が心臓病や、肺の病気が原因となって発症しているかを判断するために使用します。
レントゲンで心臓や肺に影があるかどうかを診ます。
また場合によっては心電図や血液検査が必要になることもあります。


4.肺水腫の治療方法は?

投薬

・疾患の原因を取り除くよりも、症状の軽減を目的とした対処治療が多い。

・肺に溜まった水を抜くために、利尿薬を与える。

・呼吸困難により酸欠を起こす場合は、酸素吸引を行う。

・手術で肺の水を抜く方法もあるが、高額なうえ成功率も低いため、食事改善や投薬といった内科療法のみが行われる。

肺水腫の治療方法は、肺に溜まっている水を尿として排出させるということが行われます。
利尿剤を用いて排尿を促します。
急性の場合や重症化している場合には、外科手術により水を排出させることもあります。
しかし、肺水腫が重症化している時点で、かなり体力が低下してしまっているため、外科手術は大きなダメージとなります。
また、外科手術の費用は80~100万円以上になるうえ、体力的なリスクも高く投薬で延命を図る決断をする飼い主さんが多いそうです。

通常の生活に愛犬を戻してあげるためには、飼い主さんの早期発見。獣医師により早期治療が大切です。
まだ初期ならば、投薬と食事改善で元の生活に愛犬を戻してあげられる可能性も高まります。

5.肺水腫の予防はどうしたら良いの?

 マルチーズの定期診断

・食事の栄養バランスを考え、心臓や肺などの基礎疾患を予防する

犬の肺水腫は、肺炎や気管支炎、心臓の病気とセットで起こってしまうことが多いため、これらを予防することが結果的に肺水腫の予防に繋がります。
健康維持のために基本的なことですが、食事の栄養バランスを考えて、犬が高血圧にならないように気をつけたり、異物の誤飲などに注意することが大切です。

また冬場は空気が乾燥するため、異物を体の外に出してくれる粘膜の機能が弱まります。
免疫を高めるためにも、室内に水を置いたり、加湿器を使って湿度を50~60%ほどに保つことを心がけましょう。

こちらの記事も併せてご覧ください
愛犬が快適な生活を送るために!知っておきたい適正湿度


・有毒物質(たばこ・排気ガス・殺虫剤)を吸わせないようにする

有毒な科学物質を吸い込むことで、肺や気管が炎症を起こし肺水腫を引き起こす可能性が高まるという説があります。

排気ガスや殺虫剤、殺鼠剤などの化学薬品、タバコの煙など犬が吸わないように気をつけることが大切です。
特にタバコを吸う場合はなるべく犬の近くではなく、犬がいない場所で吸うようにしてあげてください。

ほこりや粉塵などのハウスダストも体に悪影響を及ぼすので、しっかり換気をおこなって清浄な空気が吸える環境を整えましょう。


・定期的な健康診断を受け、早期発見を心がける。

早期発見のためには定期検診を受けると良いです。
肺水腫は老犬がかかりやすい病気なので、6歳をこえたら年に2回は健康診断を受けるのがよいでしょう。
水腫になる前の原因の中で、最も多い僧帽弁閉鎖不全症は、目立つ初期症状が現れず、素人には気づきにくい病気なのです。
定期検診をしっかり受けておけば、肺水腫になる前の僧帽弁閉鎖不全症の段階で気づけるきっかけなるでしょう。

最後に


肺水腫はさまざまな疾患が原因で発症するため、予防が難しい病気です。
また急性の場合や症状が悪化すると、命の危機にも陥ります。
そのため少しでも早く愛犬の異常を察知して、動物病院で適切な治療を受けることが最も重要です。


愛犬に何か異常があればすぐ分かるように、よく見てあげましょう。
特に老犬の場合はそれらに加えて定期的に健康診断をおこない、異常がないかチェックしておくことが大切です。