震えるマルチーズ…何かの病気?考えられる理由と対策

マルチーズが震える主な理由

マルチーズの様な小型犬はよく震えます。
震える理由には、いくつかの可能性があります。
単純な寒さや、おしっこを我慢しているときに震えるような時は原因を取り除いてあげれば解決できますが、中には重大な病気のサインであることもあります。
何故ふるえるのか見極め、適切な対処をとりましょう。

1.環境的な原因

マルチーズの様な小さな犬はストレスを感じやすく、外的な要因で震えることも多いです。
主な原因は以下の3つです。

(1)寒さ
(2)恐怖
(3)興奮


多くの場合は寒さと恐怖で一時的に震えているだけといいます。
寒さについては、服を着せる・室温に注意するなどの防寒の工夫をしてあげれば解消します。
動物病院に行くと怖くて震える子も多いですが、定期的に病院に行くことで慣れたり、診察のあとはおやつをあげるなどのご褒美をあげて、なるべくいい思い出にしてあげましょう。
また、中にはトイレを我慢する時に震える子もいます。

2.けがをしている場合

どこかにケガをしているときに、震えることで「ケガをしたよ。痛いよ」と犬が訴えてくることがあります。
「震えているけど、ただの寒さかな」と思って放っておくと、もしかしたら骨折していたという事態もあるかもしれません。

震えがおさまらないと思ったら、どこかに外傷がないかチェックしましょう

3.体調が原因の場合


いつものすぐに治るやつかな・・・と、震えを放っておいたら病気のサインだったということもあるかもしれません。
震えの症状が関係する病院は以下のものがあります
  • 尿毒症
  • 脳や神経の異常
  • 内分泌の異常
  • 狂犬病
  • ジステンバー
  • 破傷風
  • 低体温症
  • 低血糖症
  • 中毒
  • 熱中症
  • てんかん
  • 低血糖
  • 熱中症
特定するには獣医師の専門的な診察が必要になってきます。
ただ、こういった命に関わる病気の可能性も考えられるので、油断してはいけません。

4.最後に



震えは、声を発することができない犬が発信するサインです。
ただの一時的なものの場合もあれば、病気が潜んでる可能性もあります。
ぜひ普段から愛犬をよく観察し、犬の気持ちが分かる飼い主様になってあげてください。