愛犬と夏に行きたい海水浴、注意点をしっておこう

1.愛犬との海水浴での注意点とは


愛犬と海水浴をする際に注意することは2点です。
1点目は周りの人々に迷惑をかけないようにルールやマナーを弁えることです。
2点目は愛犬の様子を常に観察し、体調を気遣ってあげることです。

2.犬禁止の海水浴場もあります


犬禁止の海水浴場は全国で40パーセント程になっています。犬の散歩だけでもダメなところもあれば犬の同伴は可能でも海に入れることは禁止というところもあります。海水浴場は肌を露出するところのため、犬の毛やアレルギーに敏感に反応してしまう人もいます。しっかりと規則を守るようにしましょう。

3.守るべき最低限のマナーとは


犬を海水浴に連れて行く場合、最低限守るべきマナーは普段の散歩と同じです。けれど、海水浴という場は犬も他の人も普段より敏感になっているのでいつも以上に周りのことと犬のことに気を配るようにしましょう。

リードは離さないようにしよう


犬が利用可能な海水浴場に行くと、いつもと違った環境や、他の犬との出会いに興奮してしまうかもしれません。他の人に迷惑をかけないようにリードは絶対に離さないようにしましょう。

誤飲を防ごう


砂浜には多くの異物が混じっていて、誤って飲み込んでしまうと非常に危険です。そのようなことにならないように、何か口に入れてしまわないか常に見張っておくようにしましょう。 

排泄物の処理はどうすれば良い

排泄物の処理は通常の散歩のようにするのは当然です。それに加えて排泄物を出した場所には水をかけて砂を被せておくようにしましょう。これは砂浜を裸足で歩く人が多くいるからです。

熱に注意しよう

犬は汗腺が少なく体温調整が出来ません。また、犬は人間よりも熱に近い所を歩くことになります。犬の脱水症状や熱中症を事前に防げるようにきちんと体調管理をしてあげましょう。

気温に注意しよう


海水浴場はとても暑くなっています。脱水症状や熱中症を防ぐためにも日陰を作れるビーチパラソルや、水分補給のためのお水を多く持って行ってあげるようにしましょう。