マルチーズの歯磨きは必要なのか

愛犬にも歯磨きが必要なのでしょうか。 実はマルチーズをはじめとした小型犬は歯石がたまりやすく、歯磨きは必要なんです。 歯磨きの必要性とやり方をご紹介します。

1.犬の歯の病気

マルチーズを含めたワンちゃんがかかる病気の中で最もかかりやすい病気は、歯の病気です。
ワンちゃんの歯に歯石がついてしまったら歯磨きだけでは石をとることができないため、麻酔をかけて歯石をとらなければなりません。
また、歯磨きをしていないと、常に口の中に細菌がいるという不衛生な環境になっているので、口臭がきつくなるなどの歯周病の症状も出てきてしまいます。

2.犬は歯石が付きやすい

ワンちゃんは唾液が人間よりも少ないため、歯石が付きやすいです。歯石がたまると、歯は黄ばみ、唇は赤黒くなってしまいます。

3.犬がかかりやすい病気

ワンちゃんは虫歯にはなりにくいですが、歯石がたまってしまい、歯槽膿漏や歯周病を起こしやすいです。歯槽膿漏や歯周病が悪化してしまうと、歯が抜けてしまうこともあります。犬にはもちろん入れ歯などはないので、硬いご飯が食べられなくなってしまったり、歯が抜けてご飯が食べられなくなってしまうこともあるので、注意が必要です。

4.歯磨きのしつけ方

正直、歯磨きを嫌うワンちゃんは多いです。
そのため、お医者さんやトリミングサロンでプロの方に定期的にお願いをするという手もありますが、ワンちゃんが小さいころから歯磨きすることに慣れていれば、飼い主さんでも歯磨きをすることができます。
歯石がたまってしまうと歯磨きでは取ることができず、麻酔を打って機械で歯石をとらなければならないので、ワンちゃんの体にはかなり負担があります。
そのためできる限り飼い主さんが定期的に歯磨きを行うようにしましょう。

まずはワンちゃんの口に触れるようになりましょう。
いきなり歯ブラシを口につけたり、入れたりするとワンちゃんはびっくりしてしまうので、まずは口を触れることに慣れることが大切です。
口に触ったり、歯を見せたりすることに抵抗をしなくなるまで、口を触られることに慣れさせてあげましょう。
次に、口の中にはブラシを入れてみましょう。
歯ブラシを入れることに慣れてしまえば、磨くのは簡単です。
あまり強く磨きすぎると歯や歯茎を傷つけてしまうので優しく触るように磨くことが大切です。
また、ガーゼや指歯ブラシなどで磨く場合は、片手でマズルをつかみ、親指で唇を裏返すように持ち上げ、前歯の外側をマッサージするようにやさしくこすってあげましょう。

5.歯磨きガムも効果的

大きくなってしまったワンちゃんや、歯磨きに慣れることができなかったワンちゃんには、歯磨きガムも効果的です。
歯磨きガムを定期的にかませてあげましょう。