おしゃれに愛犬の寒さ対策を!「ダウンジャケット」を使った防寒対策

1.犬の体のことを考えて洋服選び

体中に毛が生えているワンちゃんも、犬種によってはとっても寒がりです。


ワンちゃんの毛の生え方には、大きく分けて二種類あります。柴犬やゴールデンレトリバーなどの寒冷地が原産のワンちゃんは、「ダブルコート」といって、毛が二層に分かれています。この「天然のダウンジャケット」のおかげで、寒さから身を守ることができるのです。

寒さに弱いのは、「シングルコート」と呼ばれる毛の生え方をしている犬種です。温かい地域が原産のワンちゃんに多くいます。マルチーズ、チワワ、ミニチュアダックスなど、室内犬として日本で人気が高いワンちゃんは、寒さに弱い傾向があります。

生まれつき心臓が弱かったり、持病がある場合には寒暖差がワンちゃんの命にも関わってきます。急激な温度変化は心臓に負担をかけるので、真冬に外出する際には、ダウンジャケットなどの洋服が必要不可欠です。

また、ワンちゃんも高齢になるにつれて、体温調節機能が低下していってしまいます。飼い主さんが洋服で体温調節を手助けしてあげるといいでしょう。

2.オリジナルブランドがお気に入り

ネットを見てみると、ワンちゃん用の洋服を扱ったオリジナルブランドのショップがたくさんあります。ブランドによってデザインの方向性や機能が異なるので、お気に入りのブランドを見つけてみるといいでしょう。

ガーリー、スポーティーなどブランドによってテイストにも特徴があります。

最近では、犬種にこだわった服作りをしているショップも増えています。たとえば、パグ用、ミニチュアダックス用などです。ダックスやコーギーのような胴長の犬種の場合は、市販の服がなかなか合わないことがあるので、このようなショップを利用してみてはいかがでしょうか。

遠赤外線効果を施したダウンジャケットなど、機能面にもこだわった洋服が人気を集めています。可愛いデザインのお洋服で散歩に出かければ、みんなの注目を集めること間違いなし。そこから会話がはずむきっかけになるかもしれません。ワンちゃん仲間とお気に入りのブランドについて情報交換するのも楽しいですよ。

まとめ


洋服は可愛いだけではなく、ワンちゃんの健康を守るためにも必要なものです。寒がりな犬種の場合には、季節や気温の変動に合わせて真冬用のダウンジャケットから、薄手のTシャツ生地のものまで、着替えができるように洋服をそろえておくといいでしょう。寒さに負けずに、愛犬とのお出かけを楽しみましょう。