寒い冬は愛犬の防寒も大切です

1.寒い季節は犬にも腹巻きが必要!


たとえ暖房器具を使用している室内でも、温められた空気は上にあがってしまうため、場所により気温差が生じています。わんちゃんは人間よりも床に近い、低いところで生活しているわけですから、やはり防寒対策は大切です。

特に温めてあげたいのはおなかの部分。全身毛皮をまとっているわんちゃんでもおなかは毛が薄くなっていますし、直接床に触れるパーツになります。

外飼いにはもちろん、室内犬にもおすすめできる防寒アイテムは腹巻きです。これでしたらやんちゃな子でも着脱がカンタンですし、おなか周り中心ですから、温まりすぎる心配もありません。愛犬が中型犬以上のサイズでしたら人間用でもOKですし、もし手作りしたい場合も複雑な技術などは必要なく、あっという間に完成です。洗い替え用に何枚か用意しておき、汚れてしまったらこまめに交換してあげます。

外飼いの場合、暖かい季節を迎えるまでは犬小屋の床に敷物を一枚プラスするのが鉄則です。わざわざ新しくわんちゃん用のものを購入する必要はなく、古いフリースや毛布で十分なので清潔に保つように心がけます。

犬小屋の入り口から風が吹き込んでしまうのを避けるために、風よけ対策を取ります。出入り口のところで開閉できるように工夫した上で、ビニールシートで覆う方法は誰にでもカンタンにできますし費用もあまりかかりません。暖かい腹巻きと併用すれば、寒い冬でも鬼に金棒です。