ミニチュアシュナウザーを飼いたい!子犬の販売価格や飼いやすさまとめ

1.ミニチュアシュナウザーの販売価格!子犬の場合はいくらくらい?

子犬の一般的な値段は約15万円から30万円くらいといわれています。性別や毛色、血統書がついているかいないかで値段が大きく変わってきます。

まず性別ですがメスのほうが若干値段が高くなります。それはメスがオスよりも生まれにくく数が少ないのと、子孫が残せるという利点からです。

毛色についてですが、この犬種は毛色が4種類あり、一番安いのが馴染み深いソルト&ペッパーで、珍しいのがブラックです。こちらはソルト&ペッパーに比べて希少価値が非常に高く価格もぐんと跳ね上がります。

それからドッグショーでチャンピオンを勝ち取ったチャンピオン犬の子孫も価格が高くなる傾向になります。

2.ミニチュアシュナウザーは飼いやすい?気をつけるべきポイントは?

ミニチュアシュナウザーは非常に勇敢な犬で知らない人には警戒心が強く番犬にとても向いている犬といえます。だからといって飼い主にも警戒心が強いというわけではなく、慣れた人には従順で好奇心も高く散歩が大好きな犬です。

お子様がいる家庭ですと一緒に遊んでくれることもあるでしょう。やさしい性格で環境の適応能力が高いので非常に飼いやすい犬種です。ただこの犬種ならではの飼う上で気をつけなければいけないポイントがあります。

それがトリミングです。元々さらさらの長毛が魅力でもある犬種ですが、それ故にトリミングが絶対条件になってきます。長毛を放っておくと皮膚炎になってしまう可能性が高まりますので、定期的なトリミングをサロンで行う必要があります。それからもっとも怠りやすいのが耳の毛です。これも放っておくと外耳炎になる可能性があります。サロンに行った際は一緒に処理してもらえるようにお願いしましょう。約一ヶ月に一回が目安になります。

3.無駄吠えが多いと聞くけど…実際はすぐ吠えるの?

本来は無駄吠えの少ない犬種です。なぜ吠えるのかといえばそれは前述にも書いたとおり非常に警戒心が強いためです。そのためインターフォンがなったり、窓から人が通るだけで本能的に吠えてしまう場合が多いのです。

しかし飼育環境を少し変えるだけで無駄吠えをする回数は確実に減ります。そのポイントの一つ目はストレスを与えないことです。犬はストレスを感じることで神経が過敏になり少しのことで吠えるようになります。ストレスを改善するためには毎日十分な量の散歩をしてあげることが大切です。散歩が大好きな犬なので散歩の回数を増やすだけでストレスは自然と減ります。高い頻度でお留守番をさせるのも犬にとっては大変なストレスになるので気をつけなければいけません。

二つ目のポイントはたくさんほめていっぱいの愛情を与えることです。寂しいや不安、怖いといった感情で犬の精神状態はあっという間に不安定になります。それが無駄吠えにつながる場合があるので普段からまめにコミュニケーションをとることが大事です。

4.子犬の頃からしつけるなら!しつけ方のポイントは?

飼い主に従順な性格から比較的しつけはしやすい犬種ですが、小さい頃からしつけをするのは大変です。これはどの犬にもいえることですが歯が生え変わる時期は歯がむずがゆくなりかならず甘噛みという行為をしはじめます。これはしょうがないことだからといって叱らずに放置しておくと、甘噛みがただの噛み癖になり、大きくなってから人を噛んでしまうということにもなりかねません。かといって何も噛ませないのは逆にストレスになります。専用のガムなどを与えて十分に噛ませてあげることが大事です。ガム以外は噛ませないようにして、もし何か噛んでしまった場合は決して手はあげずにきちんとしかってあげることが大切です。