これって病気かも?!マルチーズのいびきに隠された秘密

1.愛犬のマルチーズがいびきをするのは異常?


マルチーズは短頭種といって生まれつき呼吸がしにくい犬種で、他の犬種に比べて呼吸するために使う筋肉の使用頻度が高いのが特徴です。そのため、生まれつきの軽いいびきをするのは特に心配することではありません。しかし、高齢になって出てきたいびきや、だんだんとひどくなるいびきの場合、なんらかの病気の可能性があります。

2.どんな病気の可能性があるの?原因と治療法は?


一つ目は気管虚脱という、気管がつぶれて空気の流れが悪くなる病気です。いびき以外にも、咳が出たり、よだれを垂らす、口の中の粘膜が青紫色になるなどの症状が現れます。原因は遺伝と気管周辺の筋力が落ちてしまうこと、肥満などです。治療方法はたくさんあり、軽めの症状であれば投薬で、ひどくなれば酸素吸引、外科手術を行うこともあります。

二つ目は、気管支形成不全です。これは、遺伝や成長する時に気管がしっかり形成されないことで起こる先天性の病気です。咳が出たり、呼吸が苦しそうな症状が出ることがあります。治療は、酸素吸入をしたり炎症を抑えるために鎮静剤やステロイド剤の投与をしたりすることが一般的です。

三つ目は、軟口蓋伸長症といって伸びてきた喉のひだが空気の通路をふさいでしまうことで、いびきが大きくなってしまう病気です。これは、短頭種がもともと軟口蓋が長い傾向にある上に激しい呼吸のせいで、軟口蓋がより長くなってしまうことで起こります。悪化すると呼吸困難や気管虚脱を引き起こす原因となります。治療は、メスもしくはレーザーを使った切除手術が必要となります。

3.いびきを放ってしまうとどうなるの?


いびきがひどいということは、なにかが空気の通り道を邪魔しているということです。そのままにしておくと、息ができなくなってしまったり、全身の酸素が不足してしまうこともあります。

また、通常、犬は汗をかくことができないかわりに、呼吸することで熱を体の外に放出させて体温調節をします。しかし、気道が狭くなるとうまく呼吸ができず、熱をうまく放出することができずに、熱射病になりやくなってしまいます。

4.対策はあるの?


もともと短頭種であるマルチーズは生まれつきのからだの特徴で呼吸がしにくく、呼吸器系の病気になりやすい犬種です。また、いびきは普通のことだと思い見過ごしてしまうこともありえるでしょう。ですが、肥満を予防したり、暑い日は外出を控えるなどで悪化因子をなくしたり、いびきに少しでも変化が見られたら注意することで予防したり、これらの病気にいち早く気付いてあげることが大切です。