ヨークシャー・テリアにシャンプーをしてあげよう!

1.まずはブラッシング

いきなりシャンプーをするのではなく、実はブラッシングをすることがとても大切なんです。
ピンブラシを使い、抜け毛を除去して、絡まっている毛をほぐしていきます。
毛玉やもつれがあるとつい力を入れてしまいますが、そんな時は皮膚を引っ張らないようにするために、毛の根元に手を添えるようにしましょう。
仕上げにコームを使いながら、毛玉や毛のもつれがないかチェックすることも忘れないでください。
毛玉やもつれがあるままだと、せっかくシャンプーをしてもきれいな仕上がりにならないため、丁寧なブラッシングをすることはとても重要なのです。

2.次はシャワーをします

シャワーをする前に、肛門線を絞る必要があります。
尻尾を持ち上げたら肛門の斜め下あたりをつまむと、絞ることができます。
その時は臭う液体が出てくるので、臭いがなくなるまで洗い流してあげてください。
お湯は36℃から38程度の、少しぬるいかな?と感じるくらいの温度に設定します。
毛の表面だけを洗っても意味がないので、シャワーヘッドを体に沿わせるような感じでシャワーをしてあげると、皮膚のほうまでしっかりとお湯が行きわたります。
シャワーの時には目や鼻などに水が入らないか心配になってしまいますが、シャワーの前に顔や頭部をあらかじめ濡れたスポンジなどで濡らしておくと、水が入るのを防ぐことができるので犬の負担も軽くなります。
シャワーを嫌がる時は、お尻から徐々に前のほうへ濡らしておくと、犬のストレスも軽減されるでしょう。
特別嫌がらない時は、頭部から後ろのほうへ、上から下へ流しても大丈夫です。ヨークシャテリアは毛が長いので、どうしても毛にフンや尿が残りやすくなります。そんな時は力任せに取ろうとせず、シャワーで濡らすことで簡単に取れるので、実践してみてください。

3.いよいよシャンプーへ

シャンプーに抵抗感を持っているようであれば、いきなり顔からではなく、お尻から前のほうへ、上から下へというふうに洗います。シャンプーに慣れていれば、顔から後ろへ、上から下へ洗っていきます。
シャンプーには希釈タイプのものもありますが、その場合はシャンプーの前にお湯で薄めて準備しておきましょう。
すすぐのは頭部から流していくとすすぎ残しの心配がなく理想的ですが、犬がストレスを感じるようであればお尻から流していきます。
指の間はすすぎ残しが多いので、入念に洗ってあげてください。

4.リンスやコンディショナーできれいに!

リンス、あるいはコンディショナーを体に馴染ませます。
頭から流すと体全体に広がりやすく効率がいいですが、嫌がるようであれば、手を使いお尻のほうから流してあげましょう。
ある程度馴染んだら、今度は手でもむような感じで毛のほうにも馴染ませます。
あとは毛の流れに沿うようにすすぐだけですが、怖がるような時は、お尻のほうから洗うように心がけるなど、犬の様子を見ながら配慮してあげてください。
忘れがちな足の裏や指の間はコンディショナーがたまりやすい場所なので、すすぎ残しがないように気をつけましょう。

5.ドライヤーですべて完了!

人間同様、犬もドライヤーできちんと乾かすことが大切です。
給水タオルを使い水分を取り除いたら、さらにバスタオルでこすりすぎない程度に体全体の水分を取っていきます。
ピンブラシを用意し、毛がまっすぐになるようにときつつ、ドライヤーを根元中心に当てながら乾かしていきます。
あとはコームを使いながら、毛玉やもつれがないかチェックして、被毛に艶が出てきたら終わりです。
ドライヤーを使用する時は、くれぐれもやけどに気をつけてください。やけどが心配であれば、冷風で乾かすという方法もあります。