トイプードルが留守番のときは暖房をつけて部屋を温めてあげるべき?

トイプードルは寒がりな性質を持つ犬種ですから、十分な寒さ対策が必要です。
しかし、人の目が届かない留守番の時には、どのような寒さ対策を行えばよいのかわからないという人もいるでしょう。
そこで、トイプードルの留守番時における寒さ対策や暖房の利用方法などについての知識を紹介していきます。

1.トイプードルは寒がり



犬は、体全体を毛に覆われているため、基本的には暑さよりも寒さに強い動物とされていますが、犬種によっては、寒さに弱い種類も存在します。
特に、トイプードルのようなシングルコートの犬種や暑い地域が原産の犬の場合は、寒さに弱い性質を持っているのです。
シングルコートは、下毛がなく被毛の密度が少ないですから、毛によって体温を保温したり、冷たい外気を防いだりしづらく、寒さを直接的に体感しやすいのです。
また、トイプードルのような小型犬の場合には、中型犬に比べて体が地面に近いですから、その分下からの冷えを感じやすいという性質を持っています。
小型犬は体が小さいことで体温を保ちにくいこともあり、寒さに弱いのです。

2.暖房機器を徹底解説

寒さに弱いトイプードルは、寒さによって風邪を引くなど病気を引き起こしてしまう場合があります。
ですから、トイプードルの健康のためにも、適切な寒さ対策を行ってあげることが必要です。
暖房器具のそれぞれの特徴を解説していきます。

(1)暖房



最もポピュラーな方法です。
室温の設定温度は20℃~25℃にしましょう。
空気が乾燥するので、水をたくさん置いておくのを忘れずに。

<メリット>
                                                                                                      • 温度を設定しておけば、その温度を維持・管理してくれる。
                                                                                                          • 安全
                                                                                                              • 全暖房器具の中で最もランニングコストが安い
                                                                                                                  • 部屋全体を温めるのに適している

                                                                                                                                        <デメリット>
                                                                                                                                                                                                • 空気を動かすので風が発生する。(風を嫌う犬にはストレス)
                                                                                                                                                                                                    • ほこりが舞いやすい。
                                                                                                                                                                                                        • 乾燥しやすい。
                                                                                                                                                                                                            • 上層部だけが温まり床が冷える

                                                                                                                                                                                                                                                      (2)ホットカーペット・ペットヒーター



                                                                                                                                                                                                                                                      設定温度は、犬の体温より3~4度低め(34~35度)に。  

                                                                                                                                                                                                                                                      足下から暖める床暖房やホットカーペットは、冬の暖房法の定番です。  
                                                                                                                                                                                                                                                      犬にとってもありがたい暖房法ですが、人よりも熱源に近いのでその点には配慮が必要です。  
                                                                                                                                                                                                                                                      床全体が暖まる場合には、設定温度を低めに設定しましょう。
                                                                                                                                                                                                                                                      遠赤外線の輻射熱を利用する床暖房の場合、一度からだが暖まると冷たいところに寝たりして体を冷やしても、体の内部はまだ暖かいままということがあります。  
                                                                                                                                                                                                                                                      それに犬が気づかずに、さらに床暖房で暖まることを続けると熱中症になることもあります。  
                                                                                                                                                                                                                                                      床から距離があって通気が得られるものを用意したり、涼める場所に移動できるような環境づくりも大切です。   


                                                                                                                                                                                                                                                      <メリット>

                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 風を起こさないので、ほこりやハウスダストが舞い上がりにくく、アレルギー症状を引き起こしにくい。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 空気が乾燥しない。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • ペットヒーターならば面積が少ないので節電になる 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                <デメリット>
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • ずっと寝たままだと低温やけどをする可能性がある。 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          (3)こたつ


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          人も犬も大好きなこたつ。 あの暖かさと安らぎにハマってしまう犬も多いようです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          何も問題ないように思えますが、問題なのは全身を入れて寝てしまう場合でです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          こたつは、遠赤外線の輻射熱を利用しているので、全身をこたつに入れて長くすごしていると、体の内部まで暖められて、軽い熱中症や脱水を引き起こす可能性があります。  

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          犬だけが入っているときにはスイッチを切るか、一方をあけておくようにしましょう。 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          中に入れずに、こたつ布団の上から暖をとらせるのもいいですね。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          <メリット>

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 即暖性があり、スイッチを切っても保温時間が長い
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 部分暖房効果がある(犬が出たり入ったりできる)
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                <デメリット>
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 全身をこたつに入れて長くすごしていると、軽い熱中症や脱水を引き起こす可能性がある


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    (4)オイルヒーター


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    近年、人気を集めているオールヒーター。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    フィンの付いた密閉容器に難燃性の油が密閉されており、電気を流すことで内部の油が加熱され、温度が上昇したオイルがパイプ内を循環することで放熱する暖房器具です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    メリットは多いですが、犬がコードを引っかけて倒したりしないように置く場所には注意しましょう。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    <メリット>
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                • 空気が汚れない
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 空気が乾燥しない
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    • 直接何かを燃焼しないため安全
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        • エコロジー
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      <デメリット>
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • ランニングコストが掛かる
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            • 断熱性の高い家屋以外には不向き
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 処分に手間がかかる

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    (5)電気ストーブ


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    電気ストーブとは灯油やガスなどの燃料の代わりに電気を熱エネルギーに変えて利用するストーブです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    灯油やガスよりも安全性が高いのが最大の特徴です。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    簡単な構造であるため一般に軽量・かつ小型化されたものが多いので、持っている方も多いのではないでしょうか。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    <メリット>
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 即暖性がある
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              • 機器代金が安い
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  • 空気を汚さない
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      • 設置が楽
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                    <デメリット>
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          • 消費電力が大きいので長時間使うと光熱費が高くつく

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        3.電気を使わない防寒

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        エアコンと湯たんぽなど、合わせて使うのもいいですね。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        (1)湯たんぽ



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        ゲージの中にゆたんぽを置いておいてあげると、寒さに応じて犬が使ってくれます。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        やけどをしないようにケースやタオルにくるんであげましょう。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        また、おもちゃと間違えて噛みちぎってしまわないような素材のものを選ぶといいですね。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        (2)服を着せる



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        犬服を着せてあげることも寒さ対策の1つです。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        冬用の防寒効果が高いフリース素材や、ダウン素材のものなどの犬服を着せてあげれば、寒さを防いであげることができるでしょう。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        まとめ

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        いかがでしたか。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        それぞれ短所と長所がありますね。
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        寒がりなトイプードルのために、ライフスタイルや予算に合わせて安全な方法で暖かくしてあげてください。