シルキー・テリアの犬服を作ってみよう

1.愛犬に洋服を着せるのは飼い主のエゴ?

もちろん嫌がるペットにむりやり洋服を着せるのはよくありません。
しかし、犬種によっては寒さに弱い性質や、お腹を壊しやすい体質の犬もいます。
怪我をした場合に傷口を自分でさわれないようにするなど、犬に洋服を着せることには体調管理の意味もあるのです。
寒い季節に暖かい素材で身体を覆ったり、暑い季節に冷却効果のある洋服を着せたりすることは、犬にとっても良いことです。

ただし、神経質な性格の場合、洋服を着ることがストレスになる場合もあります。
どうしても必要な場合を除いては、やめた方がよいかもしれません。
身体を触られるのが苦手な場合は、日頃から身体を撫でてあげたり、お風呂にいれたり、スキンシップを増やすことで慣れてくることが多いでしょう。
少しずつ慣れてきたら、まずは飾りのないシンプルな洋服から始めてみましょう。

 

2.シルキー・テリアの洋服選びって?

シルキー・テリアはその名の通り、まるでシルクのような美しい毛が特徴の犬です。
毛は細く絡まりやすいので、ボタンやファスナーがついたデザインのものは避けた方が良いでしょう。
また、毛の長い犬は静電気が起きやすいので注意が必要です。
人間同様犬も静電気を嫌います。
できるだけ静電気のおきにくい自然素材のものを選んであげましょう。
身体全体をくるむようなデザインのものを着せてあげると、美しい毛が汚れるのを防いでくれる効果もあります。

 3.シルキー・テリアの洋服選びって?洋服づくりの始め方

さあいよいよ愛犬の洋服選びです。
できるだけ肌触りのよい素材で、着やすくすっきりしたデザインのもの、と条件がいくつも出てきてしまいますよね?

また、ぴったりのサイズがなかなかないのも悩みのひとつではないでしょうか。
そんな悩みを解消してくれるのが、手作りの洋服です。
手作りなら素材から自分で選ぶことができるうえ、サイズもぴったりに作ることができます。
犬の洋服を作る時に必要なのは首回り、胸周り、背丈の3つだけ。
ここをきちんとクリアすることができれば、あとは簡単です。

購入するより安価で作れることも魅力ですが、何より素材の布を愛犬に見せて、触らせて、身体に巻いてみて、嫌がるかどうかを確認できるのが嬉しい点です。
せっかく買ってきた服を嫌がって着てくれないというのはよくある話ですが、飼い主としてはがっかりしてしまいます。愛犬とおそろいの布で自分の服も作れば、世界にひとつだけのペアルックができるのも嬉しいですね。