愛犬の寝言!!原因はストレス?犬の睡眠トラブルについて

1.犬でも寝言を言う?


犬を飼っている人であれば経験のあることかもしれませんが、夜中にいきなり犬が吼えるときがあります。怒っているのかなと様子を見てみると犬は眠っているのです。これは実は犬の寝言です。人間でも眠っているときに話をする人がいますが、犬もそのように「ワオンッ」と寝言を言うときがあります。不思議に思う人がほとんどだと思いますが、犬が寝言を言うメカニズムは既に解明されています。



これは、人間と同じようにノンレム睡眠とレム睡眠のリズムを持ちながら眠るからです。ノンレム睡眠とは熟睡状態のことであり、意識が全くありません。このときは寝言を言うことはありません。完全に脳と身体が休んでいる状態です。一方、レム睡眠とはうとうととしている状態であり、完全に眠っているわけではありません。 脳は休んでいても身体は起きているので、寝言を発します。たいていの場合には犬が少動物や犬を夢の中で追いかけていたり、怖い夢を見ているようなときに、寝言を言うことが多いです。あるいは頭の中で情報を生理しているようなときにも寝言を言います。

 

2.犬のイビキは病気のサインというのは本当なの?

犬が夢を見ていたり、情報整理のために寝言を言うのであれば、特に気にする必要はありません。別に風邪を引いているわけではありませんが、脳が疲れていてストレスを感じている状態なのです。人間も勉強をして学習内容を反芻したり、知識を整理したり、まとめたりしているときには、非常に身体がぐったりと疲れます。これは脳にストレスが蓄積されているからです。つまり、犬が寝言を言うのは脳にストレスが蓄積しているということです。もう少し厳密に言うと、レム睡眠中に脳にストレスをこれ以上溜めないように寝言を言わせているのです。




そうしてある種のストレス発散をしているというわけです。むしろ、イビキをしているときの方が注意を払った方がいいです。犬の病気である軟口蓋過長症や気管虚脱などの病気になっていると、イビキをかくようになるからです。軟口蓋過長症というのは、喉の奥の軟口蓋が伸びて気管を塞いで呼吸がしにくくなるという病気です。気管虚脱というのは、気管が狭くなる病気のことです。いずれも症状が悪化してしまうと呼吸困難になる可能性もあります。犬がイビキをしていると、病気のサインかもしれないので、注意しておきましょう。

 

2.イビキはそのままにしておいても良いの?

愛犬が寝言を言っているときには放置しておいてかまいません。寝言を言っている最中に起こしてしまうと余計にストレスを溜めてしまうからです。犬は一生懸命に情報を整理しているのに途中でそれを止めさせてしまうと情報がうまく整わず、精神的にイライラしてしまうのです。 犬は情報整理以外にも、感情整理のためにも寝言を言うこともあります。たとえば、飼い主に叱責を受けたり、留守番をさせられたりして悲しい気持ちになっても、寝言を言うことで、その感情を沈静しています。イビキをしているときも同じように、そのまま放置しておきましょう。



睡眠を妨げられるとストレスを感じてしまいます。イビキをしていることに気づいたら獣医に診断してもらうといいでしょう。家の中で飼っている場合には、そのイビキの原因がタバコの 受動喫煙である可能性があります。犬の犬種によっては鼻の粘膜が弱いものがいます。タバコの煙で粘膜が傷ついて鼻づまりを起こしてイビキを起こしている可能性が高いのです。これは室内犬によく見られることですので、タバコを吸う家庭であればこまめに部屋の換気をしてあげましょう。

まとめ

 犬の寝言は夢を見たり、情報を整理したり、感情を落ち着かせたりするために、レム睡眠中に行われるものです。そうしてストレスを発散しています。しかし、イビキをかいているときには病気の可能性があります。起こす必要はありませんが、獣医に診断してもらうといいでしょう。タバコを吸う家庭ならこまめに換気することです。