トイプードルへのブラッシングはとても大切!皮膚病予防にも効果あり?

トイプードルを飼っている皆さま。ブラッシングを定期的に行うことができているでしょうか?
トイプードルのブラッシングは可愛い身なりを保つだけではなく、皮膚病の予防に、大きく影響する重要な事なのです。
今回は、皮膚病予防対策にもあるトイプードルへのブラッシングについてご紹介していきます。

1、なぜ必要なの?ブラッシングの重要性について

トイプードル トリミング トイプードルの被毛はクルクルとしていて、毛が絡まりやすいと言われています。
毎日ブラッシングしてあげることが大切です。
抜け毛や毛玉を防ぎ、フケを取り除くことができます。
また、皮膚の程よいマッサージにもり、血行がよくなるので健康を保つ役割もあります。


そして、毎日ブラッシングすることで皮膚の異常に早く気づくことができ、皮膚病の原因となるノミやダニを見つけられることもあります。
成犬になってからブラッシングを始めると、嫌がってしまう事もあるため、しつけと同様に子犬のうちから慣れさせておくことをおすすめします。

2、効果的なブラッシング方法とは?



毛が長く、くるくるとしている毛を上手くブラッシングするためには、スリッカーブラシというものを、使用しましょう。
ピンの硬いハードなものと柔らかいソフトなものがあります。
毛玉が多い日はハードなものを、毛玉が少なくとかしやすそうな日はソフトなものを、毛の状態に合わせて使い分けると良いです。

【ブラッシングのポイント】★ハードなスリッカーブラシとソフトなスリッカーブラシを毛の状態で使い分ける! 
毛玉の多い日→ ハードなブラシ
毛玉の少ないとかしやすい日→ ソフトなブラシ

まずは、びっくりして嫌がってしまわないように、手で体を撫でながら横にならせましょう。
背中を嫌がる犬は少ないので、背中からとかしていきます。
足元や首元などは嫌がってしまうことが多く難しいでしょう。
トイプードルが好んでいる餌を見せながら行うと良いです。
あまりにも嫌がる時は、無理に行うと次回から逃げてしまいブラッシングが出来なくなってします。
ブラッシング前に、焦らずに手で体をなでて落ち着かせた方が良いでしょう。
また、スリッカーブラシが怖くないものだということを教えてあげることも大切です。
スリッカーブラシを手元に置いてあげて触らせてあげます。
すると怖くないものだと、トイプードルが認識し、使っていても怖がらなくなります。
元気が有り余っている時にブラッシングすると遊びたい気持ちや、逃げる元気があり、興奮してやらせてくれない事があります。散歩後のゆったりと休んでいる時などにブラッシングすると良いでしょう。
あまり強くとかしてしまうと、皮膚への刺激が強すぎて炎症を起こしてしまうこともあります。優しくとかしてあげましょう。

3、綺麗に仕上げるために、最後はコーティング!


綺麗な毛質に整えるために、ある程度スリッカーブラシで溶かし終わったら、櫛の目が細かいコームでとかしてあげましょう。
綺麗に力を入れなくても櫛が通れば良いのですが、引っかかるような時は、もう1度スリッカーブラシで梳かすと良いです。
繰り返し行うことでより綺麗な毛質になります。

まとめ

トイプードルのブラッシング方法をご紹介させて頂きました。 大切な愛犬の健康を守るためにも、定期的にブラッシングをしてあげましょう!

トイプードルのお手入れの仕方が詳しく知りたい方はこちらも併せてご覧ください。

トイプードルのグルーミングって何?どんな効果があるの?