トイプードルの色の種類はどれくらいあるの?色によって性格が異なる?

トイプードルには様々な色の種類があります。
そして、色によって性格も異なるのです。
そこで、トイプードルの色の種類や性格について紹介していきます。

1.トイプードルの色の種類とは?

 

トイプードルの色の種類には、ブラック、ブラウン、レッド、ホワイト、シルバー、アプリコットが代表的に挙げられます。
ブラックはトイプードルの中では珍しく、見ることができる機会は少ないでしょう。
ブラックといっても、純粋な黒や、赤みがかった黒など様々な種類があります。
また、ブラウンはトイプードルの基本的な色でもあり、人気の種類です。
純粋なブラウンの他にもダークブラウンやマホガニーブラウンという種類もあります。
レッドは赤みが強い色で、混色の傾向が強いため、明確な色の定義がありません。

種類によっては、アプリコットのような色であってもレッドと呼ばれていることもあります。
ホワイトは人気の種類の1つで、純粋な白の他、クリーム色もホワイトの種類に入ります。
ホワイトはブラックに比べて毛量が少なめであるともいわれています。
シルバーはシルバーグレーやグレー、シルバーベージュ、ベージュなどの種類があります。
子犬の時にはブラックに近い色をしている場合もありますが、成長するにつれて色が変化していきます。
最終的にどのような色に落ち着くのかは、個体によって異なるでしょう。そして、アプリコットは人気の種類になります。
被毛の色は子犬から成犬になるにつれて変化していくのが特徴です。

2.色別の性格チェック!

(1)ブラック



ブラックの場合には、トイプードルの中で最も賢い種類であるといわれています。
そのため、飼い主への忠誠心が高く、性格も安定していて、飼いやすい種類です。
また、他の色の種類よりも運動能力が高いことも特徴で、しつけや訓練がしやすいでしょう。

(2)ブラウン


ブラウンの場合は、大人びていて独立心が強いのが特徴です。
そのため、協調性に欠ける面もあり、しつけや訓練にはやや根気がいるでしょう。
しかし、1度覚えてしまえば飼い主に忠実になります。人見知りである傾向もあり、飼い主以外には懐かない場合もあります。

(3)ホワイト



ホワイトはブラックと同じように性格が安定していて社交性もあります。
飼い主への忠誠度も高く、甘えん坊の性格です。
シルバーの場合には甘えん坊なのが特徴ですが、一方で協調性に欠ける面もありますので、根気よくしつけを行う必要があります。

(4)レッド・アプリコット


レッドやアプリコットの場合には他の色と比べて性格が一定ではなく、個体によって大きな違いがあります。
しかし、基本的には好奇心旺盛でやんちゃやおてんばであり、活発で運動能力も高いといえるでしょう。
また、飼い主への忠誠度が低く、協調性に欠ける場合もありますので、子犬のうちからしっかりとしつけを行うことが重要です。

(5)シルバー


シルバーの場合も、黒とホワイトの中間色なので、2つの性格がわかれます。
『好奇心旺盛でやんちゃやおてんばな性格』か『協調性がある性格』にわかれる傾向があります。
シルバーのトイプードルは、生まれて間もないときには、全身の色がシルバーというよりも、黒に近い色ですが、成長とともに、シルバーに変色していきます。

まとめ

トイプードルは、色によって性格が異なります。
トイプードルを飼うことを検討している方は、どの性格のわんちゃんと相性がよいかを確認しておくとよいでしょう。