トイプードルを飼うには、毎月どれくらいの費用がかかる?

トイプードルを飼うためには、ただお世話をすればよいというわけではありません。
トイプードルが健康に育つためには、毎月費用がかかってきます。
そこで、トイプードルを飼うのにどのくらいの費用が必要になるのか、説明していきます。

1.初期費用

(1)ペットショップのトイプードルの相場は10~20万



トイプードルを購入するには、ペットショップやブリーダーなど条件によって費用は異なりますが、平均的な価格は10~20万です。
オスとメスでも価格が異なります。
メスの場合にはマーキングなどのような行為が必要なく、また、繁殖のためブリーダーが手元に残すことが多く、市場に出回らないため、3万から5万円ほど高くなる傾向があります。
しかし、トイプードルの大きさによっても価格が変わり、小さければ小さいほど人気があるため、小さいサイズのトイプードルの場合には通常の種類の価格よりも3万円から5万円さらに高くなるでしょう。
他にも、血統や顔立ち、色などによっても価格は変動します。
仔犬の両親がドッグショーの入選した経歴があると、200万円で売買されることもあります。

(2)里親になる時の譲渡費用は3~5万円



トイプードルを飼うには里親になるという選択肢もあります。
里親になる際には多くの場合、譲渡費用を、引き取る側(これから飼い主になる人)が支払うことが多いです。
里親なのでトイプードルの値段は無料なのですが、保護している間にかかったワンクチン代や去勢手術などの医療費、また受け渡し時の交通費などです。
団体や個人にもよりますが3~5万円が平均的です。
里親の場合は、やり取りする相手が団体だけでなく、個人のボランティアであることもあります。
「言った」「言わない」の金銭的なトラブルにならないためにも、不明瞭な部分は確認をしたり、誓約書を書くといいでしょう。

(3)トイプードルを迎える前にそろえる生活必需品は2~4万


グッズ類はトイプードルを迎えるにあたって最低限必要になるものです。
室内用サークル・ゲージ、ベッド、食器・水入れ、トイレ・トイレシーツ、リード・首輪・ブラシなど。
ただし、グッズによっては安価なものから高価なものまであり、おもちゃやキャリーバッグなどを購入すればさらに初期費用は高くなります。


2.毎月の固定費は最低でも2万円





(1)食事代は平均3,000~5,000円


お食事代の場合には、月にだいたい3,000円~5,000円くらいかかります。
トイプードルが成犬になるにつれて、ドッグフードの種類を変えていくことが好ましいですから、それにより価格は変動していくでしょう。
また、ドッグフードは様々なブランドから販売されていますので、ブランドの種類によっても異なってきます。
あまり安価なものだと質が悪く肥満の元になったりするので、その点を予算を考慮して決めるのがいいでしょう。
ドッグフードに加えて、嗜好品のおやつを与えると、さらにプラスされた金額が必要になります。

(2)トリミング代は7,000~10,000円


トイプードルを飼うのに欠かせないものはトリミングです。
トイプードルは毛が伸びやすく、また巻き毛であるため、毛をカットしたりお手入れをしたりしないと毛が目に刺さってしまったり病気になったりしてしまいます。そのため、月に1回など、定期的にトリミングを行う必要があるのです。
トリミングをサロンで月に1回行う場合、だいたい7,000~10,000円くらいの費用がかかります。
サロンやメニューによって価格は異なりますので、予算を考慮して決める必要があります。

(3)ペット保険料は2,000~3,000円



トイプードルが病気や怪我をしてしまった場合には、人間のように健康保険がないため、治療費は実費になってしまいます。
そのため、治療法によっては高額な費用がかかってしまう場合があるのです。
そこで、ペット保険に加入することによって、治療費の補償を受けることができます。
トイプードルが病気になった時に高度な治療を受けさせてあげるためにも、万が一のことを考えてペット保険に加入しておくと安心です。
ペット保険料は年齢、犬の種類によって異なってきます。
また、保険の内容によっても費用は異なりますので一概には言えませんが、およそ月に2千円前後かかると考えておくとよいでしょう。

(4)消耗品代3,000円前後

ペットシーツや服など、ちょっとした雑費がかかってきます。
サプリメントや、消臭スプレーなど、あったらいいものは尽きません。
しかしこの辺は節約もできる部分ですので、予算との兼ね合いで決めるといいでしょう。

3.健康維持のための費用もかかる


・ワクチン接種 10,000~15,000円
・フィラリア予防 5,000円
・ノミ・ダニ駆除 10,000円


健康維持のための病気予防にかかる費用
トイプードルも人間のように病気をしてしまうことがあります。
病気になって医者にかかると高額な費用が必要になってしまうことがあります。
高額な治療費をかけないためや、トイプードルの健康のためにも、ワクチン摂取で事前に予防をして健康維持をすることが必要です。
まず、重要なのが狂犬病の予防接種です。
これは、犬を飼う場合には義務になりますので忘れずに行うようにしましょう。

狂犬病のワクチン代にはだいたい1万円から1万5千円くらいの費用がかかります。
また、フィラリア症という蚊が媒介する病気を予防するために、フィラリア予防接種を受けることも必要です。
フィラリアのワクチン代には、5千円の費用がかかります。
その他には、トイプードルにノミやダニがつくのを予防するために、ノミダニ駆除の薬を打ちます。
2ヶ月に1回打つことで年間に1万円の費用がかかってきます。
このような予防をしていても、突然病気になってしまったり、また、怪我をしてしまうこともあります。
その場合には、治療費で突然費用が必要になりますから、そのことを頭に入れておきましょう。

まとめ


いかがでしたか。
ざっと今回は最低限かかる費用を見積もりました。
しかし、動物がいつ思わぬ病気にかかるか分かりません。
トイプードルを育てるのに生涯200万前後かかるといわれています。
もしもの時にそなえ貯金などをしておくといいかもしれませんね。