室内でできる愛犬との遊び方ってなにがある?

1.梅雨の時期にストレスがたまる理由って?

 

雨の日が続いてしまうと、なかなかお散歩に行くことができません。
家の中で過ごす時間が多くなりがちなうえに、湿度も高くなり犬にとっては苦手な環境になりストレスがたまります。
梅雨の時期は室内も高温多湿になりがちなので、室温と湿度の管理には注意を払ってあげる必要があります。

湿度が65%を超えると夏でなくても熱中症になる危険があります。
愛犬がストレスを感じないような湿度を保つことが重要です。
室内の湿度は40~60%になるように除湿機などを使って調整してあげましょう。

湿度に関する詳細はこちらの記事をご覧ください
愛犬が快適な生活をおくるために・・知っておきたい適正湿度

じめじめした日が続いたと思えば、急に冷え込んだりするのも梅雨の特徴です。
急な気温の変化や高い湿度によって気が付かないうちに愛犬のストレスになり体調が悪化しやすくなります。
梅雨の時期はストレスや代謝が落ちることで食欲が減退してしまったり下痢や嘔吐などの症状が出てしまうこともあります。
体調不良が起きたときは病院を受診するものいいかもしれません。

雨の日が続いてしまい散歩に行くことが難しいときは愛犬と家の中で一緒に遊ぶ時間を作ってあげるなど工夫をしてストレスを溜めないようにしてあげるのも大切になってきます。

2.梅雨の時期に役立つ犬との遊び方を知っておこう

梅雨の時期に雨の日が続いてしまってお散歩にどうしても行くことが難しい日もあったりします。
そんな時は愛犬と室内で一緒に遊んでストレスを解消してあげましょう。
犬と一緒に楽しめる遊び方をいくつか知っておくと愛犬も飽きずに楽しむことができます。

・引っ張りっこ


引っ張りっこで使う道具は編んだ柔らかい素材のロープやタオルなどがおすすめです。

引っ張りっこの遊びを始める前にはまず愛犬をオスワリさせて落ち着かせてから始めましょう。

オスワリしたら犬におもちゃを見せて嚙みつきたくなるように動かします。
犬がロープに噛みついたら上下や左右に動かして引っ張りっこをしてあげます。
無理に力強く引っ張ると危険ですので手加減しながら引っ張ってあげます。

興奮しすぎない程度で一度引っ張るのをやめます。
興奮している愛犬が少し落ち着いたらおやつをあげてロープと交換しましょう。

また愛犬が落ち着いてオスワリしたら再び引っ張りっこをして遊んであげます。
犬の噛む本能を満たすことができるので愛犬のストレス解消になる遊びです。

・宝探しゲーム





まず、おやつを入れることができる犬用のおもちゃを用意しましょう。

その中に愛犬の好きなおやつを少量だけ入れます。

愛犬が好きなおやつをおもちゃに入れてから部屋の愛犬が探せる位置に隠します。
そのおもちゃを愛犬はおやつのニオイを頼りに、ありそうな場所を頭を使って探し周ります。
見つけたらおやつを食べることができる遊びで愛犬も夢中で探すのでストレス解消にも役立ちます。

 

・持って来い遊び


ひもの付いたおもちゃを用意します。いま持っている犬用のおもちゃにひもを付けても出来ます。

おもちゃは柔らかい物を選びましょう。

愛犬が落ち着いた状態で持って来い遊びを始めます。

まずひもの付いたおもちゃを愛犬に注目させてから、おもちゃだけを投げます。

ひもは飼い主が持っています。
犬がおもちゃをくわえたらひもを押さえて愛犬が飼い主のほうへおもちゃを持って来るようにひもを軽く引っ張ります。
愛犬がおもちゃを持って戻ってきたら褒めておやつを少量与えます。

しつけの仕方はこちらの記事をご覧ください。
憧れの犬のしつけ!取ってこい(持ってきて)をマスターしたい①
憧れの犬のしつけ!取ってこい(持ってきて)をマスターしたい②

まとめ



梅雨の時期は雨の日が続いてお散歩に行くことができなかったり、高温多湿などで愛犬にストレスが溜まりがちになります。
愛犬と一緒に室内で遊んで梅雨の時期のストレスをうまく解消してあげることも大切かもしれません。
梅雨の時期でも室温と湿度には細心の注意を払ってあげることはとても重要です。

 こちらの記事もご参考にどうぞ
外出できない日が続く梅雨の季節、室内でできる愛犬のストレス発散法って何?