マルチーズの毛を綺麗に保つためには?

1.マルチーズの毛の色と質


マルチーズの毛色は、とても美しい絹糸上の純白の毛が最も望ましく、淡いタンやレモン色はあまり望ましくないとされています。この毛はどこまでも伸び続け生え変わらないため、マルチーズは抜け毛や体臭がほとんどありません。

マルチーズはアンダーコートが発達し、オーバーコートが少ない「シングルコート」と呼ばれる被毛の犬種です。シングルコートの場合は、アンダーコートが発達していることから抜けづらく、換毛期でも抜け毛が少ないと言われています。

2.犬の毛はお手入れが必要


毛が長くなるタイプの犬であるマルチーズは、手入れを怠ると毛玉が出来やすくなります。毛玉は、初めからブラシでほぐそうとすると犬が痛がってしまうので、まずは指で優しくほぐしてからブラシでゆっくりととかすのが良いです。ブラシでとかした後は、コームで毛をとかします。コームには目が粗いところと細いところがありますが、最初は粗い方を使って、引っかかるところをほぐしましょう。

また、毛玉を防ぐためにはブラッシングが必要です。元々野生動物だった頃、短毛だった犬は舐めて毛づくろいをしていれば十分でしたが、人間と一緒に暮らすようになり毛の長さやタイプなどのような身体的特徴が改良されたため、犬だけでは十分な毛づくろいが出来なくなりました。そのため、飼い主がお手入れを手伝ってあげる必要があります。

毛玉は犬の皮膚に悪影響を及ぼすこともあるので、毛玉が出来ないよう、飼い主が注意してブラッシングをしてあげなければなりません。 

3長毛種の毛のお手入れ


ブラッシングは、毛並みを整えるほか、血行を促進したり、皮膚病の早期発見など様々な利点があります。

毛が長くなる長毛種であるマルチーズの毛のお手入れは、毛が長い時と短い時で使いわけましょう。

用意するものは、ピンブラシ、コーム、また毛の長い子にはスリッカーブラシも必要です。

まずスリッカーブラシを使います。スリッカーブラシはもつれや毛玉をとるために使うもので、ハードタイプとソフトタイプがあります。くの字型の針金が沢山ついたブラシなので、力が入り過ぎないように、鉛筆を握るように軽く持って、皮膚と並行に先端からゆっくりと何度かに分けて全身をすいていきます。固まっていることが分かり辛い根元を特に注意して行いましょう。毛のもつれや毛玉が出来やすいマルチーズのような細く長い被毛の犬種の場合は特に念入りにすいてあげなければなりません。途中で毛玉が見つかることがありますが、そのような場合は無理にブラシを通さず、手で揉み解しましょう。ブラッシングで怖い思いをすると、ブラッシング自体を怖がるようになってしまいます。優しく丁寧に行うよう心がけましょう。

抜け毛がとれたら、ピンブラシを使って丁寧にとかした後、コームを使って、毛の流れにそって毛を整えていきます。この時も固まっているところが残らないように、毛をかき分けて、引っかかるところは丁寧にほぐしていってあげましょう。

マルチーズの毛は細くもつれやすいため、毎日のお手入れは欠かせません。ですが、時間をかけてしっかりとブラッシングしてあげれば、美しい毛を保ち続けることができます。

ブラッシングは犬と飼い主との重要なコミュニケーションの1つでもあり、沢山触れ合える時間でもあります。毛のお手入れは大変ですが、触れ合いを楽しみながら、面倒くさがらずに毎日続けていきましょう。