ヨーキーの散歩でしつけておきたいリーダーウォーク

リーダーウォークとは

散歩などで犬と一緒に歩く時に、犬が好き勝手に動くのではなく、飼い主の歩く速さに合わせて動くように意識させるしつけ方法です。
犬がリードを引っ張ったら罰を与えます。
罰といっても、叱ったりという事ではなく、犬(自分)がリードを引っ張ったら首が閉まって苦しくなるという事です。
逆にリードを引っ張らず、飼い主の近くにいると苦しく無くない(褒美)があることを教えます。
これを何度も繰り返すことで、リードを引っ張らずに歩く方がいいと理解し、飼い主に合わせて歩くようになります。
リーダーウォークを始めるときの注意点は、犬が集中できる場所で行うことです。
人や自転車、車が通り過ぎたりと、外は、犬にとって気が散るものばかりです。まずは集中できる自宅内でリードをつけてしつけていきます。

リーダーウォークのしつけの前にやっておくこと

飼い主がリーダーであると意識して行動してください。
リーダーとは、犬にとって信頼と尊敬できる自分より上位の存在のことです。
犬は自分を含め、家族の順位づけをします。そこで飼い主が犬よりも劣位になってしまうと、犬は飼い主の言うことを聞かず、好き勝手な行動してしまい、しつけができなくなることもあります。
そこで、まず気をつけて取り組みたいことが、犬とアイコンタクトをとることです。
目を合わすことはお互いの意思を伝えるために必要なことです。
ここで気をつけないといけないことは、アイコンタクトをしているときは、なるべく犬より先に目を逸らさないことです。
これは、先に目を逸らした方が弱い(劣位)と犬が捉えてしまうためです。
犬に勘違いを起こさせないためにも、アイコンタクトをしたときは、犬より先に目を逸らさないように気をつけてください。
ただ、目を合わすことが苦手な犬もいます。
極端に目を合わすことを避けるのであれば、無理にアイコンタクトをする必要はありません。飼い主側がアイコンタクトをとれる状態で待ち、犬と目が合ったときだけ褒めてあげるぐらいで十分です。

ヨーキーのリーダーウォークのしつけ方

犬と一緒に歩き出します。そこで犬がリードを引っ張ったら立ち止まります。
このとき、飼い主はリードを引っ張ったりしないでください。なぜかというと、ヨーキーの首の骨に異常が出たり、いきなり力いっぱい引っ張ると、まれに目が飛び出てしまったりすることがあるからです。
犬(自分)が、リードを引っ張ると首が苦しくなるという、嫌な感覚を覚えさせます。
犬が引っ張った場所から、飼い主の所に自分から近寄ってきたら、オヤツなどのご褒美を与えて褒めてあげてください。
この意味は、飼い主の近くにいるといい事があるということを理解させるためです。
これを簡潔にまとめると、「リードを引っ張る→嫌な感覚がおきる→飼い主の近くにいる→いい事がある」となります。
これを何度も何度も繰り返します。
そうすると、犬が嫌な感覚を避けるために自分から引っ張ることを止め、飼い主の近くにいるように意識して行動します。
自宅内でリーダーウォークが上手にできるようになったら、外でも同じようにやっていきます。

しつけをする時に大切な心構え

ヨーキーに限らず、犬のしつけは本当にゆっくり、じっくり時間をかけて行うことが大切です。
言葉が通じない分、犬にどう伝えるか、犬はどう感じているかを理解するのは難しいですが、アイコンタクトをしていれば、何か通じるものがあります。
しつけは厳しく行うところは厳しく、褒めるところは褒めて行います。
スキンシップをとる感じで楽しくしつけを行って、少しずつ無理なく続けてください。
しつけを頑張った分だけ犬もそれにきっと応えてくれるではずです。