ヨークシャー・テリアのための首輪とハーネスの使い分けについて

愛犬を散歩させる時にかかせないのがリードと首輪orハーネスですよね。
ヨークシャー・テリアを散歩させるとき、首輪がいいのか、それともハーネスがいいのかお悩みではありませんか?
それぞれのメリットとデメリットを解説します。

1.ハーネスと首輪は何が違うの?

 
まず、ハーネスと首輪は、装着する部位が違います。
ハーネスとは、胴につける輪のことで、元々は重い荷物や人を運ぶ犬ぞりの犬が、そりを引っ張るときに、体への負担が少ないように作られたものだと言われています。
散歩用に改良されたハーネスは、皮やナイロンのリボンで作られたものを前足に通す形のものが多いようですが、最近では可愛らしいデザインのベストタイプのもの多く販売されていますね。


首輪は、名前のとおり首につける輪のことで、飼い犬であることが一目でわかる目印としても使用されます。

飼い犬が逃げ出してしまった場合や、災害時に行方不明になってしまった場合など、緊急時のことを考えれば、散歩以外のときにも迷子札をつけた首輪をつけておいたほうが安心です。
首輪は様々な素材や形が市場に出ており、デザインも豊富なので選ぶ楽しさもありますね。

2.ハーネスの特性

(1)メリット:体に負担がかからない・抜けにくい

ハーネスのメリットは、首輪と違い、呼吸器に負担がかからないということです。
また、リードを引っ張ったときに、胴体だと装着範囲が広いので力が分散されて、犬の身体にかかる負担も小さくなるというメリットもあります。
小型犬のヨーキーには「気管虚脱」などの呼吸器系の病気も多いため、呼吸器系に問題のある場合に適しています。
また、ハーネスは犬の身体の全体をおおっているので首輪よりも抜ける心配がありません。

(2)デメリット:しつけにむかない・着脱に手間がかかる

デメリットは、しつけをするのにはむかないということです。
ハーネスは、犬が苦しさを感じない分、リードを引き戻すなどの飼い主の指示が伝わりにくくなります。
そのため、いつまで経っても引っ張り癖が直らないなどの、しつけの問題が出てきます。
引っ張り防止の機能がついたハーネスも売っているので、試してみるのもいいですね。

3.首輪の特性

(1)メリット:しつけをしやすい・室内でもつけっぱなしにできる

首輪のメリットは、前述のようにしつけができることです。
もともと、母犬が子犬をしつけるときは、首を押さえたり、噛んだりすることで、物事の良し悪しなどを教えています。
そのため、首輪につながったリードを引っ張ったり緩めたりすることで、飼い主の指示を伝えやすく、しつけに適しているのです。
引っ張り癖や、吠え癖、拾い食い癖などの問題をかかえている場合は、首輪を使ってしつけを行いましょう。
また、ハーネスと違って、リードの着脱が楽というメリットもあります。

万が一、震災や迷子いなってしまい保健所に保護されたとしても、首輪を巻いていると保健所での処分期間が延期されるという点も安心できます。

(2)デメリット:呼吸器に負担をかける

首輪のデメリットは、やはり首への負担から呼吸器への影響があるところです。
ヨークシャテリアのような頭の小さな犬種は首輪が抜けやすく、強く引っ張ったときに呼吸器官に負担がかかってしまうことです。

引っ張りすぎると首の骨や、呼吸器を痛めますが、リーダーウォークなどの飼い主より犬が先に歩かないようにするしつけをしていれば、その心配もありません。

リーダーウォークのしつけについての記事はこちらをご覧ください
ヨーキーの散歩でしつけておきたいリーダーウォーク

4.ハーネスと首輪を上手に使い分けよう


健康上の問題や、しつけに問題のない場合にはハーネスを使い、
しつけ中の場合には首輪を使うのがおすすめです。

しつけを覚えるまでの子犬の頃は首輪を使い、ある程度しつけを覚えて大きくなったらハーネスに切り替えるのもいいですね。
上手に使い分けてみてくださいね!

5.こんな便利グッズもある

ヨークシャテリアの身体にはハーネスの方がよく、首輪は呼吸器官の負担がかかると先述しました。
しかし最近では、首輪やハーネスのデメリットを解消するような形の商品が販売されてます。
なかでもハーフチョークとイージーウォークハーネスはヨークシャーテリアには向いていると言われているグッズなのでご紹介します。

(1)ハーフチョーク



ハーフチョークとは首輪の半分が皮などでできていて、残りの半分がチェーンになっている首輪のことです。
半分がチェーンになっていることで、引っ張らない時は首の周りに余裕ができ通常の首輪よりも首への負担が少なくなります。

逆に引っ張る時は軽い力でも首輪よりもはっきりと首に衝撃が伝わるので、引っ張り癖のしつけには首輪よりも適しているといわれています。


小型犬用 ハーフチョーク 3,024円

(2)イージーウォークハーネス




イージーウォークハーネスは引っ張り癖がつかないようにするハーネスです。
通常のハーネスと異なり、胸の前にリボンが渡っており、そのリボンにリードをつける金具が付く形になっています。

リードが犬の体の前につくことで、犬が飼い主の前へ出ようとすると自然と犬の体の向きが変わるようになっています。
思う方向へ行かれない経験を積ませることで、飼い主の側を歩くようにしつけることができるのです。

華奢で首にあまり衝撃を与えたくないヨークシャー・テリアには、このような便利なグッズをうまく利用してあげるのもよいのではないでしょうか?


イージーウォークハーネス 2,916円

まとめ

いかがでしたか。
ヨーキーの体のことを考えるとハーネスの方がよいという結論がでましたが、年齢やしつけの学習度合によって、両方を使いわけるのがよさそうですね。
ハーネスや首輪も色々な形があるので、その子に合ったアイテムを見つけてあげてください。