ヨークシャーテリアの健康的な育て方

1.季節の変化に敏感なヨークシャーテリア

暑さや寒さに弱いヨークシャーテリアは、季節ごとにケアの仕方や食事の与え方などを変える必要があります。
春は寒暖の差がまだ激しい季節ですので、気温差には十分に気を付けてあげましょう。
過ごしやすい季節なのでお散歩に行く機会も増えますが、ノミやダニ、感染症などに注意をしなければいけない季節でもあるので、動物病院で検査や予防薬を処方してもらうと良いでしょう。
また、狂犬病予防接種は必ず受けるようにしてください。もともと食欲の旺盛な犬ですが、時期的に春は食欲が増す季節ですので、食べ過ぎないようにカロリーを控えめにしてあげましょう。

夏はエアコンを利用して、熱中症を予防します。その際、冷えないように冷房の風が直接当たらないように気を付けます。
そして、ヨークシャーテリアの長い毛によって熱がこもりがちになるので、トリミングをしてもらい、涼しい時間にお散歩、食事を与えます。
食事は、暑さから食欲が落ちることもあるので、水分量の高いウェットフードやふやかしたドライフードなどを与えます。

秋はまた、過ごしやすい季節で冬に向けて体力を付けていく季節です。
食欲も戻り、よく食べるようになるので、肥満につながらないよう、注意をしながら食事を与えます。
予防薬や駆除薬も忘れずに、お散歩を楽しんでください。冬は室内の温度を保ち、お散歩の際は着脱がしやすく、動きやすい服を着せてあげましょう。
また暖房による乾燥に注意します。寒さに強い体を作るために、少し高めのカロリーの食事を与えますが、肥満には注意しましょう。

2.ヨークシャーテリアの必須栄養素は何?

ヨークシャーテリアは肉食の動物なので、動物性たんぱく質を摂る性質があります。
ですので、脂身の少ない鶏肉や、骨を作るためのカルシウム、ビタミンやミネラルを与えます。
また、カロリーが低めの鶏肉にはヨークシャーテリアの被毛を美しく保つコラーゲンも含まれているので、食事に加えてみてはいかがでしょうか。

3.ヨークシャーテリアのダイエット方法は?

ヨークシャーテリアは活発な犬なので、よく動きます。
ですので、比較的太りにくい犬種ではあります。しかし健康管理を怠ったり、食べ過ぎてしまうと当然太り、肥満になってしまいます。
肥満はヨークシャーテリアにとっては病気を引き起こす恐れがあるものなので、避けたいところです。
もし、「太ったかも」と思ったら、おやつの量を見直して、ドライフードを水でふやかして与えてみてください。
熱湯は栄養素を壊してしまうので、ぬるま湯か水でふやかしてあげましょう。
水分が満腹感を高めてくれますよ。