ヨークシャテリアの洋服はどんなものがいいの?選ぶコツと着せるポイントについて

1.洋服の必要性とは?

まず、犬の毛はダブルコートとシングルコートの二種類に分けられます。
ダブルコートの毛を持つ犬は、寒さの厳しい地域で改良された犬種に多く(サモエドやスピッツなど)、季節に合わせて毛が抜け変わり、それによって体温調節を行っています。
一方、シングルコートの毛を持つ犬は温暖な地域で改良された犬種に多く、季節に合わせて毛が抜け変わることがないので、体温調節が難しいことがあります。
ヨークシャテリアの特徴の一つである美しく光沢のある毛はこのシングルコートにあたるため、防寒対策として洋服が必要になるのです。
そのほかにも、脂の分泌が多いヨークシャテリアの発する独特な臭いの防止や、散歩中にヨークシャテリアの繊細である毛に、寄生虫やゴミがつかないようにする働きがあります。

2.洋服を着慣れるまでのポイント!

洋服を着ることを経験したことがなく、またその利点を理解できない犬にとって洋服を違和感なく着こなすことは難しく、嫌がって脱ごうとしたり散歩中に動きたがらないこともあります。
そのため、最初から長時間着せたりサイズの小さめな洋服を着せるのではなく、軽くて着心地の良い洋服を選び、無理に着せようとせずに少しずつ慣らしてあげることが重要です。
「早く着せたい!」という飼い主の一方的な思いから愛犬に負担を与えるのではなく、決して焦らずじっくり時間をかけてあげましょう。
そしておとなしく着ていられるようになったら、褒めてあげます。これを繰り返して、違和感なく着ていられるようにします。

3.着せるときの注意点!

洋服を着せることで犬を守る、という大切な点を挙げましたが、注意しなけらばならないことがあります。
ヨークシャテリアの毛はとても繊細であるので、毛が絡まってしまうことがあります。
長時間洋服を着せることで洋服と毛が擦れてしまい、毛玉がてきたり毛が切れてしまうことがあります。
また、蒸れやすい状態を作りだしてしまうので、肌に悪影響を及ぼし皮膚病を引き起こしてしまうこともあります。
このような状態を防ぐために、着せっぱなしにはしないことがとても大切です。
家の中に一部屋は、洋服のいらないような温度調節のできている部屋を用意しておき、洋服を脱いだあとはブラッシングを行い、定期的にシャンプーをしたり、できるだけ皮膚や毛にストレスを与えないような対策をしてあげると良いでしょう。
また、通気性の良い素材を使った洋服を選ぶことで、蒸れを防ぐことができます。