愛犬のヨークシャテリアが臭いと感じ始めた時に考えられる原因と改善方法

1.ヨークシャテリアから発せられる臭いの原因

犬の種類によってそれぞれ体から発せられる臭いも違います。
さほど臭いが気にならない犬種もいれば、日常的にきついと感じる犬種もいて、ヨークシャテリアは一般的に強い臭いの種類に分類されます。
これにはヨークシャテリアならではの理由があるのです。
一般的に犬の臭いは小動物特有の臭いの場合が多いですが、ヨークシャテリアは少し違うケースもあります。
ヨークシャテリアはこまめにシャンプーをしていても、皮膚や被毛に脂が付着しやすい特徴があって、それによってきついと感じる臭いが生じることが考えられます。
そのほかにも、せっかくマメにシャンプーをしているのにシャンプー後の乾かし方をいい加減に終わらせてしまうことで、生乾きの不快な臭いが出る原因にも繋がるのです。
しっかりとケアをしているはずなのに臭いがきついと感じるのであれば、元からの体臭ではないほかの原因があると考えられるので、原因を突き止めて正しいケアをすることが大切になります。

2.正しい臭いのケアのやり方とは

ヨークシャテリアの体臭に悩まされている人は、まずは日頃の生活から見直してみましょう。
体を清潔にしたばかりなのに臭いと感じたら、日常で使っているベッドや敷きマットなどをチェックしてみてください。
せっかく体を綺麗にしても、ベッドが汚れていては汚れや臭いが体に付着してしまいます。人間同様に、毎日使う物はこまめに洗濯などを行って清潔に保っておいてあげることが臭いの改善に繋がります。

トイレも同様です。
トイレが汚れていたり、おしっこなどを吸収するシートを何日も取り替えずにいては、不衛生なだけでなく悪臭の原因にもなります。
目安としては1~2日のペースで交換することが望ましいでしょう。
シャンプーの後にタオルで体全体をしっかりと拭いてあげて、乾かし残しのないようにすることや、定期的なブラッシングも忘れてはいけません。
そのほかにも、口臭や口元周りのケアもポイントです。
被毛を伸ばしているケースだと特に食後に口の周りに食べカスなどが付着しがちになるので、食事が終わったら濡れタオルなどで拭いてあげることが大切です。
そして犬も人間と同じように、食後に歯磨きをする習慣を身に付けることが重要といえます。
これは、歯を綺麗に保つことは虫歯の予防だけでなく口臭を防ぐことにもなるからです。

3.日常の食生活の見直しも重要

ヨークシャテリアの体臭がきつくなる原因の中に、食生活も含まれます。
元々脂が付着しやすい犬種であることから、タンパク質や脂質などを過度に摂取する食生活は体臭を発生させてしまう原因になることもあります。
そのため、ドックフードを購入する時は値段で決めるのではなく、原材料に注意して選んであげることが大切です。
おやつとしてビーフジャーキーをあげるといった人も少なくありませんが、これらも臭いの原因になることがあるので与える量には注意しましょう。

そのほかにも、人間が普段食べているものを愛犬に与えるといった行為も原因の一つです。
基本的に人間の食べ物は犬が食べることを想定して作られていないため、犬にとっては消化の悪い食べ物もあります。
消化の悪い物を食べてしまうと腸内環境が悪くなり悪玉菌が増えることも考えられます。これは、体臭の原因になるだけでなく健康そのものに影響を与えるケースもあるため特に注意が必要です。
日頃から腸内の環境を整えるようにするには、ヨーグルトや野菜による食物繊維の摂取が望ましいといえます。
そして食事と平行して水分補給も欠かさないようにしましょう。
水分をしっかりと取ることで、体内の老廃物を排出しておしっこの臭いを軽減させることができるでしょう。