ヨークシャテリアといい関係を築くには、きちんとしつけをすることが大事

しつけは必要不可欠

可愛いとつい甘やかしてしまいますが、甘やかすことはヨークシャテリアのためにも良くありません。きちんとしつけがされていないと神経質になってしまい、ストレスにも過敏になってしまうのです。

噛み癖を治したい!

噛み癖といっても、子犬の頃であれば必要なことなのでまったく問題ありません。重要なのはその子犬の時に、噛んでいいものと噛んではいけないものの区別をきちんと分からせることです。そのためには噛んでいいものは積極的に噛ませるようにして、噛んではいけないものは噛ませないように隠すなどして、配慮する必要があります。また、しつけ用のスプレーを使うと、苦味があるので自然と噛まなくなってきます。

吠え癖を治したい!

吠え癖があるワンちゃんは、飼い主さんより自分のほうが立場が上だと思っています。そうならないようにするためには、食事を人間より先にあたえないようにして、飼い主のほうが上だと分かっていないうちから、同じベッドや布団で眠ることは避けてください。

しつけをする時に注意するべきこと

残念ながらワンちゃんが飼い主(家族)のことを信頼できなかった場合、飼い主に対して攻撃的な態度をとることもあります。また、成長とともに人間と同様「反抗期」があることもあるので、子犬のころから噛み癖や吠え癖など、きちんとしつけをしておかなければなりません。 大切なのは、常に飼い主が主導権を握り、ワンちゃんに振り回されないということです。そうすることで主従関係も確立され、しつけもしやすくなります。