ヨークシャテリアはどんな性格なの?!

ヨークシャテリアは1800年代初頭に、さまざまなテリア系の小型犬とマルチーズを交配し作り出された新しい犬種です。
一説によると、19世紀中ごろにイギリスのヨークシャー地方でねずみ捕りのために作り出されたのが始まりと言われています。
現代では、その小さく気品に満ちた雰囲気に魅せられる愛犬家は多く、世界中で最も知名度の高い犬種です。
そんなヨークシャテリアの性格と特徴をご紹介していきましょう。

1.優雅な見た目とは違い、いつでも元気で活発!



ヨークシャテリアは明るく元気な性格が特徴の一つです。
たった2kgから3kg程度の体重で、小型犬に分類される犬種ですが、散歩時にはリードを力強くグイグイ引っ張ることもあります。
広い場所で走り回ることを好むため、狭い場所に慣れさせるトレーニングをしていないと、ゲージなどの狭い場所にいることに対してストレスを感じてしまうことすらあります。
ドックランや広い公園などで走り回らせる時間を作ってあげると良いです。
家の中であっても活発に動き回る傾向があるため、小さな子供の遊び相手にもなってくれます。
おもちゃやボールなどを用意しておいてあげると喜んで遊びまわるでしょう。

2.プライドが高く気が強い!



ヨークシャテリアはマルチーズや複数のテリア種を掛け合わせ、数々の改良を重ね今の形態になった犬種です。
テリア種の血を引いているということで、気が強く意地っ張りな面があるのです。
気に食わないことが起こると飼い主に対しても攻撃的な態度を取ることもあります。
散歩中も他の犬に威嚇をしたり、ドックランに連れて行った時に自分よりもはるかに大きい大型犬に向かって威嚇したり飛びかかるケースもあるほどです。
しかし体は小さいので返り討ちにあってしまうことも考えられますし、他の犬に危害を加えないように、散歩中はリードを短く持つように心がけると良いです。ドックランなどで攻撃的な態度を取るような時に、飼い主の呼び戻しに応じるしつけをしておくことも大切です。
プライドが高く拗ねると機嫌を直すまで時間がかかるので、しつけをする際は、失敗に対して怒らずに何度も繰り返した方が効果的です。

3.コミュニケーション能力が高い!



ヨークシャテリアは人見知りをしない陽気で社交的な一面も持ちます。
そのためほかの犬種との多頭飼いも不可能ではありません。
人間に対しても相手を危険だと察知しなければ、撫でられることを嫌がらずに応じてくれるでしょう。

4.甘えん坊な一面を見られるのは飼い主の特権?


プライドが高く負けん気の強いヨークシャテリアも、信頼関係が成り立っていて安心できる飼い主には甘えん坊になります。
体を擦り寄せ目一杯甘えてくるでしょう。
とても可愛い姿ですが、甘やかしすぎると飼い主との主従関係が上手く成り立たず、どんどんわがままに育ってしまうので注意が必要です。
常に飼い主が上の立場であるということを忘れさせてはいけません。

5.冒険心が強く狭いところに入り込む?




ヨークシャテリアは冒険心が強いため、自分の体が入るだろうと思った狭い場所にスルスルっと入り込む性質があります。
ヨークシャテリアの本能でもあり元々ネズミなどを追いかけていた頃の名残なのです。
狭いところに入り込み、怪我をしてしまわないように、室内環境を整えてあげると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。
ヨークシャテリアの性格や特徴について触れました。
いろいろ知るともっとヨーキーを好きになってしまいますね。
勇敢で活発な性格なので、しつけはしっかりさせてあげることで、お散歩でのトラブルは防ぐことができるでしょう。